先進的窓リノベ2024事業を工務店・リフォーム会社が活用するメリットと提案していくポイントとは?

先進的窓リノベ2024事業を工務店・リフォーム会社が活用するメリットと提案していくポイントとは?

現在、新築市場は縮小傾向にあることは否めません。

2023年・2024年度の持ち家の着工数は23万戸となり、これが「不況」ではなく「常態」化しているという状況です

注文住宅を主戦場としてきた工務店にとっては死活問題であり、この売上・利益の補完は、既存住宅への対応や非住宅事業の開拓という多角化に向かわざるを得ないでしょう。

リフォーム事業を拡大させるために、その取りかかりとして先進的窓リノベ2024事業を活用することには多くのメリットがあります。この記事では、そのメリットと顧客への提案ポイントを詳しくご紹介します。

先進的窓リノベ2024事業とは?

先進的窓リノベ2024事業は、断熱窓への改修を促進し既存住宅の省エネ化を促すことで、エネルギー費用負担の軽減、健康で快適なくらしの実現及び家庭からのCO2排出削減に貢献するとともに、断熱窓の生産効率向上による関連産業の競争力強化と成長を実現させることを目的とする事業です。

先進的窓リノベ2024事業の予算と補助対象

予算:1,350億円

補助対象:開口部(窓)の断熱改修(リフォーム)
※ドア交換も含まれるが他の窓の工事と同一の契約であり、一緒に申請する場合のみ、本事業の補助対象となります。

補助額(補助上限):住宅の建て方、設置する窓の性能と大きさ、設置方法に応じて定額
(一戸当たり5万円から最大200万円までを補助)

対象期間:工事着手日以前

工事着手期間:2023年11月2日以降に対象工事に着手したもの
(工事は、断熱窓への改修を含むリフォーム工事全体をいいます)

交付申請期間:2024年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)
※締切は予算上限に応じて公表します。
※集合住宅の一括申請は、2024年5月中に開始を予定しています。

対象製品の公表:2024年1月下旬

交付申請の開始:2024年3月中下旬

※集合住宅の一括申請は、2024年5月中に開始を予定しています。

先進的窓リノベ2024事業活用の工務店とリフォーム会社3つのメリット

メリット1: 先進的窓リノベ2024事業で新築売上減少の補完

メリット1: 先進的窓リノベ2024事業で新築売上減少の補完

前述の通り、住宅業界では、新築市場が縮小傾向にあります。
しかしながら、政府が掲げているGX(グリーントランスフォーメーション)戦略の一環として、省エネ改修のリフォーム工事が補助金額が大きいこともあり、一般のお客様からのニーズが広がっています。

特に光熱費(電気代・ガス代等)の高騰もあり、断熱改修の必要が必然となったため、昨年の補助額上限200万円・補助率1/2という先進窓リノベ事業が追い風となりました。窓の断熱リフォームにより、既存の建物に新しい価値・快適性を提供するため、リフォームを検討してこなかった層にアプローチするチャンスが起きています。

メリット2:先進的窓リノベ2024事業をOB顧客へアプローチすることで広告費を削減

メリット2:先進的窓リノベ2024事業をOB顧客へアプローチすることで広告費を削減

既存のOB顧客に向けて、窓リフォームを提案することで、新規顧客を獲得するための広告費用を削減することができます。

例えば、新築のお客様を獲得するコストは、5~10万円/組と言われています。
ここからの契約率が10%だったとしても、契約コストは50~100万円かかってしまいます。

OB顧客に対して、継続的に関係が築かれていれば、今回の窓リフォーム工事を案内していくことで、顧客獲得コストはほとんどかからずに工事を獲得できるのです。

メリット3: 窓断熱リフォーム工事だけでなく、ドア交換や他のリフォーム工事を獲得するチャンス

メリット3: 窓断熱リフォーム工事だけでなく、ドア交換や他のリフォーム工事を獲得するチャンス

先進的窓リノベ2024事業を利用した窓リフォーム工事の提案を行うことで、ドア交換や他のリフォーム工事提案を行うことが出来ます。補助金を活用するのであれば、高効率給湯器への交換が提案しやすいでしょう。

また太陽光発電システムや蓄電池の提案なども、お客様のメリットが出やすい提案となります。

窓リフォーム・断熱改修工事の提案を行うことで、住宅の快適性を向上させるだけでなく、OB顧客にとってメリットのある魅力的な提案を行っていくことが可能となるのです。

顧客に提案していく際の4つのポイント

提案ポイント1: 先進的窓リノベ2024事業の補助金が最大200万円補助

提案ポイント1: 先進的窓リノベ2024事業の補助金が最大200万円補助

先進窓リノベ事業においては、高い断熱性能を持つ窓への一戸当たり5万円から最大200万円までを補助。

お客様にとってはかなりの負担軽減が見込めます。年度ごとでの全体の補助金額が決まっている(補正予算では1350億円)ため、早いもの勝ちとなる制度となることをお客様に伝えながら、提案していきましょう。

提案ポイント2: 所得税が最大62.5万円控除対象

提案ポイント2: 所得税が最大62.5万円控除対象

住宅の性能向上にかかるリフォーム工事費用は、所得税の一部を控除することができます。

最大62.5万円の控除額は、お客様にとって大きな節税のチャンスとなるのです。

この税制優遇を活用できることをお客様に伝えていきましょう。

提案ポイント3: 固定資産税が1/3まで減額

提案ポイント3: 固定資産税が1/3まで減額

住宅の性能向上にかかるリフォーム工事費用は、固定資産税が1/3軽減される措置も受けられます。(1年間)

これもお客様にとって経済的なメリットを生み出せます。

固定資産税の減免措置についても、詳細を説明し、お客様にとっての利点を明確に伝えていきましょう。

提案ポイント4:「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」で即提案

提案ポイント3: 「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」で即提案

イエプロは無料トライアルで、実際のサービスをご利用いただけますのでお気軽にお問合せ下さい。

補助金を利用したリフォーム提案をさらに効率化し、成約率を高めるためには、最適なツールの活用が欠かせません。

その一つが「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」です。
このツールは、直感的な操作でプラン作成や見積もりが自動で行えるため、知識が浅い新人営業マンでも簡単にリフォームの打ち合わせが可能です。パソコンやスマートフォン上でプランや商材、仕様を選ぶだけで、即時に見積金額を表示し、プランシートや見積書をすぐに完成させることができます。

書類作成の手間を大幅に削減し、業務効率を向上させたいリフォーム事業者様・工務店様に最適なサービスであり、アップセルのチャンスも広がります。

今回の記事のまとめ

市場状況とリフォームの必要性:

新築市場の縮小により、工務店やリフォーム会社は既存住宅への対応や非住宅事業への多角化が必要になっています。

先進的窓リノベ2024事業の概要:

断熱窓の改修を促し、省エネ化を実現する事業。補助金は一戸当たり5万円から最大200万円、所得税の控除や固定資産税の軽減もあります。

工務店とリフォーム会社へのメリット:

  • 新築売上減少の補完
  • OB顧客へのアプローチによる広告費削減
  • 窓断熱リフォームに付随する他のリフォーム工事への機会

顧客への提案ポイント:

  • 補助金の活用による費用軽減
  • 所得税控除と固定資産税の減免
  • 「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」の活用

先進的窓リノベ2024事業の活用は、リフォーム市場における大きなチャンスです。

この事業を通じて、断熱窓の改修などを促進することで、エネルギー効率の向上とCO2排出量の削減に貢献できます。

さらに、補助金の提供や税制優遇措置を利用することで、顧客にとっても魅力的な提案が可能となります。

こうした機会を最大限に活かすためには、「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」のような効率的なツールを活用することが重要です。イエプロを使えば、リフォームのプランや見積もりを瞬時に作成し、顧客への迅速な提案が可能になります。

これにより、提案の精度が高まり、顧客満足度の向上が期待できます。

特に、先進的窓リノベ2024事業のメリットと提案ポイントを理解した上で、イエプロを使って即座に提案できる体制を整えることは、リフォーム事業者にとって非常に有益です。これにより、市場の変化に迅速に対応し、競争力を強化することができます。

最終的に、「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」を活用することで、先進的窓リノベ2024事業の機会を逃すことなく、リフォーム事業の成長と収益性の向上に大きく貢献することができるでしょう。

今こそ、イエプロを活用し、リフォーム業界の新しい可能性を探求しましょう。

イエプロの詳しい説明や導入事例について

その他の導入事例も以下の専用サイトにて公開しております。
住まいのリフォームシミュレーター「イエプロ」の専用サイトにてご覧ください。

イエプロは無料トライアルで、実際のサービスをご利用いただけますのでお気軽にお問合せ下さい。

イエプロを無料体験受付中

住まいのリフォームシミュレーターイエプロのデモ体験のお申し込みを受け付けします。
デモアカウント発行の後、30分程度オンライン(zoom)にて使い方の説明をさせていただき、
あとはこれまでにない機能満載のイエプロを自由に触ってご体感ください。

※デモ体験は申込み順にご対応させていただきますので、お早めにお申込みください!! 1ヶ月無料トライアル(デモ体験) 資料請求・お問い合わせ・説明依頼

このブログについて

リフォームシミュレーターイエプロ リニューアル大作戦とは?

2015年に新しいリフォーム提案ツールとして住まいのリフォームシミュレーター イエプロをリリースし、はや7年。
建築業DX化の本格到来に合わせてリニューアルプロジェクトを進めています。 プロジェクト名は「イエプロ リニューアル大作戦」 ※「住まいのリフォームシミュレーター イエプロ」は「イエプロ」と省略します。

リフォーム業に関わる全ての人が「イエプロ」を使っていただけるサービスを目指し、様々な分野のプロフェッショナルでプロジェクトを進行中!
リフォーム業界で働いている皆様の「打合せ・概算見積作成・本見積り」の手間を減らし、働きやすい世界を目指していますので、どうぞ応援下さい!

Twitterでイエプロ最新情報発信中!

Scroll to top